topics

お料理ごっこ

2016年05月12日

 楽しみにしていたお料理ごっこの日。朝からみんなはりきっていました。光組さんは、エプロンと三角巾を身につけてお母さんになりきってカレーを作りました。星組さんはフルーツを切ってデザートを作りました。


 パネルシアターでカレーの作り方を楽しくお話してもらいました。どのクラスも真剣な顔で聞いていますね。「私もやってみたいな。できそうだよ。」早く作りたくなってきたようです。

 


 皮むき上手な男の子たちは、むき残しがないように、ピーラーでシュシュとむいていきます。力を合わせれば、こんなにたくさんのにんじんもアッという間ですね。

 


 先生の切り方をしっかり見て、「包丁の使い方はこうすればいいんだね。」と真剣な顔で見て覚えていました。


 ちょっぴりドキドキするけど、しっかり包丁を持ってにんじんを切っていきます。指を丸めたネコの手で押さえながら、上手に切ることが出来ました。玉ねぎ、ジャガイモにも全員チャレンジして、たくさんの材料が準備できました。

 


 ホールがランチルームに早変わり。リーダーさんの「いただきます。」に合わせて、目の前のカレーをおいしそうにもりもり食べ始めました。「たくさん食べるぞ。」

 


 クラスの枠を外し、雪・星・光のたて割グループで食べました。一番小さな雪組さんは、お兄ちゃん・お姉ちゃん達が優しくお世話をしてくれたのでとっても嬉しそうでした。

 


 「僕、おかわりしてくるね。」みんなで作ったカレーは特別おいしく感じました。リンゴやバナナのデザートもおいしかったね。今日のお料理ごっこは大成功!!終わった後は、「お家でもお母さんのお手伝いをするよ。」という声が聞かれました。

ページの先頭へ戻る